« 8月のおまかせを~和彩あくね | トップページ | 秋もガッツリ旨うま新メニュー続々~遊食酒場ひびき »

2015.08.19

藤崎に新しい風。「捏(つくね)製作所」オープン

友達から教えてもらったお店に、どうしても行きたくて。
家に帰りしな、そのことばっかり考えてて。
えいっ! と、訪ねてみました。
その名は「捏製作所」(つくねせいさくしょ)。
つくねがおいしく、そして、日本酒が楽しめる、素敵なお店なのです。

日替わりつくね(貝柱と空心菜のつくね、いか明太つくね、海老とパクチーのつくね)

さいしょは野菜よね、野菜。ということで、トマトください。

直伝酒呑の為の冷しトマト
直伝酒呑の為の冷しトマト 500円

写真では、トマトがほとんど見えてませんが、けっこう大きなトマトスライスだったんですよ。
それに、納豆とキムチが乗ってます。ということはけっこうたくさん乗ってたということですよね。いい感じだ!

では、野菜を食べたので、メインのつくねをたのまねば。
何つくねになるかは、その日の食材の仕入れで決めるそう。
今夜は…。

日替わりつくね(3種)
日替わりつくね(3種) 500円

つくねには“蒸し”ものと、“揚げ”ものがあります。
まずは蒸しから。
貝柱と空心菜のつくね、いか明太つくね、海老とパクチーのつくね。
メニューには、日替わり3種・5種は2人前から、とあったのですが、ひとり行ったので、1つずつ、おまかせで3種出してくださいました。

日替わりつくね(貝柱と空心菜のつくね、いか明太つくね、海老とパクチーのつくね)

もうね、もちっと、ぷるっと、とろっと、ふわっと、ですよ。
おいしー!

で、飲み物なんですけど、このお店は、日本酒がいろいろと。
メニューを見たら、13銘柄もありましたよ。
お店では、お燗で呑むのをおすすめしているそうです。
なので、私もおすすめにのっとって、燗で。
日本酒をお願いすると、たくさんあるおちょこから選ばせてくれます。
ちょっとおもしろいのがあったので、これ。

京都・今宵堂さんの酒器

これに、食べ物をお願いしたうえで合うお酒をおまかせしました。
今日はあっさり系ですか、がっつり系ですか、と聞かれて、0.5秒迷ったあげく、
「体格的にはがっつり系で…」と意味の分からない言い訳をしつつ…。
はい、要するにガッツリ系でいきます(苦笑)

(というか、私にお酒の知識がないもので…いつもプロにおまかせです、ハイ)

木酛(きもと)のどぶ

木酛(きもと)のどぶ、という、奈良・久保本家酒造さんのお酒。
なんでも、店主がここで酒づくりの作業にも関わられたとのこと、より愛着が深まりますね。
にごりですが、燗でいただいて、ふわっとした酔いに包まれて、いい感じ。
ほらね。

京都・今宵堂さんの酒器

で、つくねさんへ戻って、こんな洋な感じのひと品もあれば、

トマトとバジルのつくね
トマトとバジルのつくね

揚げのつくねは2種類。ほくっ。さくっ。
ますますお酒が合ってきます。

鶏と大葉のつくね天
鶏と大葉のつくね天

海鮮つくねフライ
海鮮つくねフライ

で、ガッツリ系ということで、グランドメニューの気になる「唐揚げ」の文字。
出てきましたよ-。素揚げに近い見た目だけど、パリパリホクホク。
この旨さは食べんとわからんわからん。

名物唐揚げ
名物唐揚げ 600円

京都で「京都捏製作所」というお店をされていた店主。食べログを見ても、Facebookページを見ても、どれだけ愛されてたかよくわかります。
そこを引き継がれて、ご夫婦で九州へ戻ってこられた由。
かっこいい素敵なお店なので、ちょっと見た目入りにくかったけど、勇気を出して飛び込んでほんとうによかった。
お店の中もスタイリッシュで、でもあったかくて、やさしくて、おいしくて。
藤崎に、ちょっと新しい風が吹いてきた。そんな気さえします。ちょっと大げさかな。

さあ、今度はいつ行きましょうか。

捏製作所 [Facebookページ]
福岡市早良区藤崎1丁目14-5 大産藤崎コーポ103号
TEL. 092-833-5666
16:00~23:00 不定休


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

~次回の捏製作所~
捏(つくね)にはまる9月です~捏製作所」 (2015.9.19)

|

« 8月のおまかせを~和彩あくね | トップページ | 秋もガッツリ旨うま新メニュー続々~遊食酒場ひびき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤崎に新しい風。「捏(つくね)製作所」オープン:

« 8月のおまかせを~和彩あくね | トップページ | 秋もガッツリ旨うま新メニュー続々~遊食酒場ひびき »