« おめでとう1周年~チャオズ | トップページ | COQUINESで味覚の秋を満喫 »

2013.09.07

だしすっかり飲んじゃった! ひさしぶり高さん~手打ちうどん高

以前から、酒呑横丁てしさんから話を聞いてて、HENOさんのブログにも開店早々紹介されていた、高さんのうどん屋さん。
荒江と、私にはちょっと遠いのでなかなか行けず。
今日は、知り合いの方から紹介いただいた、クラシックのコンサートに、末永文化センターに出かけたときに見つけた。
「あっ、高さんの店ここかー!」

その名は「手打ちうどん高」。

手打ちうどん髙

(「高」はほんとうは髙“はしごたか”です。フィーチャーホンの方は見えないことが多いので常用漢字の「高」を使わせていただきます)

西新から行くと、荒江の交差点を左に曲がってすぐの反対側車線のところです。
こんなお店です。赤ーい建物に、青地の看板に白い字で「手打ちうどん高」って書いてあるので一目瞭然です。

高

お久しぶりです高さーん!

で、うーん、あったかいうどんと、冷たいうどんと…。
うーん、うーん、せっかく来たし両方食べてみたいんだけどなぁ…。
と延々悩んでいたら、じゃあ小さめで両方してあげましょうか?
と優柔不断な私を気遣ってのご提案。
すいませんね無理をきいていただいて…。
(ということで、以下の写真は1人前より少し少ないのを特別に作っていただきました。ふだんはないのでご了承ください)

ということで、あったかいのは丸天うどんで。

丸天うどん
丸天うどん 480円
(写真は量少なめです。1人前はもう少し量が多いです)

丸天が、いい感じにやわらかくて、これだけで酒のつまみによさそうなんですけど、
おうどんが、讃岐とは違うけど、くったくたなわけでは決してなく。
そしてスメ(っていうんでしょ、うどんのおだしのことこっちでは。いっぺん使ってみたかったっちゃんねー)がね、実は気がついたらほとんど飲んでしまってたんですよ。
ふだんは飲まないようにしてるんですけど、辛くなくて、やさしい「だしの味」がちゃんとしてて。
ふわっとだしの味が体を包み込むような、やさしい感じ。
なんかうれしかったなぁ。(といま文章を書きながらあらためて思い出しているのです)

で、やっぱり暑かったので冷やしを。
さっぱりめの、これを。

梅おろしぶっかけうどん
梅おろしぶっかけうどん 500円
(写真は量少なめです。1人前はもう少し量が多いです)

うどんが、よりきゅきゅっと締まって、こっちは麺のお味とコシとのどごしが楽しめまするよ。
でもこれでもおなかいっぱいになりましたよ。

高さんは、大助うどんで勉強されたそうで、博多のくたくたうどんでもなく讃岐でもなさげなところ、なるほど、納得です。
それに、うどんをゆでるとき、お湯から上げて、いったん締めて、その麺を、まるで大事な糸をつむぐかのように、ていねいに取り出して、最後は1本単位みたいな感じで、丼に入れていく、その所作が、たぶんご本人は日常のことなんでしょうけど、あぁほんとうに大事にしてはるんやなぁ、って、ちょっと感激しました。
お知り合いですしちょっと感傷的な日だったので、ひいき目もあるかもしれませんけど、福岡で、あまりお店にうどんを食べに行くことがなくて、居酒屋さんがほとんどなので、あーおいしいうどん屋さんがでけたー、という印象でした。
ちいさいお店で、高さんホントいっしょうけんめい仕事されてます。
お母様お父様も手伝っておられて、ほかのお客さんが帰られてからいろいろ話したんですけど、自分のこれからの人生のことまで考えたりして。
会社から、ここまで歩いてきて、おうどん食べて、また歩いて帰ったら、いい運動になるんじゃないかとか、きっとやらなさそうなことを思案してみたりして。

すみません重い感じになりましたけど、要はおいしいおうどん・おそば屋さんですから。
カウンターだけの、気を遣わないお店ですから。
見た目入りにくそうなんですけど、構わず入っちゃってください。

さ、今度はなにうどんにしようかな。

手打ちうどん高
福岡市城南区荒江1丁目24-22


大きい地図・ルート検索 携帯で地図を見る ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

(2014.02.12追記)
手打ちうどん高さんは、残念ながら2013年末にて閉店されました。

|

« おめでとう1周年~チャオズ | トップページ | COQUINESで味覚の秋を満喫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だしすっかり飲んじゃった! ひさしぶり高さん~手打ちうどん高:

« おめでとう1周年~チャオズ | トップページ | COQUINESで味覚の秋を満喫 »