« 唐戸市場で食~べ放~題?! | トップページ | 土曜夜もひっきりなし、もつ幸であっさりうまうまもつ鍋満喫 »

2008.02.23

はじめて関門海峡~下関・門司港

ふぐにお寿司でおなかいっぱいになったあとは、関門海峡を歩こうということに。
げげーっ、そんなしんどいのどうするん? とか思いつつだったのですが、いろいろ楽しかったです。
こんなに歩いたのは久しぶり(日頃いかに歩いていないか、ということですが‥‥)。

唐戸からと市場から、てくてく橋のほうに歩いていくと、「壇ノ浦だんのうら」の文字が。
何の予習も準備もせずに来た私は「これって、壇ノ浦の合戦の壇ノ浦?」と今考えるととっても間の抜けたことを。(歴史がむかしから苦手なもので‥‥)

壇ノ浦古戦場がある公園では、「歴史体感☆紙芝居」というのをやっていて、源平壇ノ浦の合戦の様子を、11名のボランティアの方が毎日交代で、紙芝居で演じてくださってます。

その向かいに、関門トンネルの人道入口がありました。そんなの誰が通るんかいなと思ったら、けっこう利用している人がいました。
建物のなかに入口があって、大きなエレベーターで地下まで降りていき、人用のトンネルを歩いていきます。

関門トンネル人道(下関側)

何十年も前にこんなものを作り出すとは、当時の技術はすごかったんですねぇ。

門司側に出て、海沿いをしばらく歩くと、門司港レトロ地区へ。
レトロハイマートという高層マンションの上、31階には、門司港が見渡せる「門司港レトロ展望室」が。

門司港側から下関方面を望む

ここからは、さきほど通った壇ノ浦も、巌流島も見ることができます。

(この項編集中)

|

« 唐戸市場で食~べ放~題?! | トップページ | 土曜夜もひっきりなし、もつ幸であっさりうまうまもつ鍋満喫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめて関門海峡~下関・門司港:

« 唐戸市場で食~べ放~題?! | トップページ | 土曜夜もひっきりなし、もつ幸であっさりうまうまもつ鍋満喫 »