« きっかり1年、こんどはN903i | トップページ | 白いカレー »

2006.12.24

あたたかな、クリスマス

クリスマス前の日曜日には、クリスマス礼拝にでかけます。
お昼は、愛餐会(あいさんかい)と言って、教会にきた人みんなで食事をしました。

愛餐会

テーブルを並べて長いひとつのテーブルにして、まわりにみんなが座って、
まるで大きな家族がひとつの食卓を囲んでいるような、
まるで聖書に出てくる、イエスさまとみんなが食事をしているような、
そんな気持ちになり、大好きな時間です。

野菜もいっぱいの豚汁/ごはん

ポテトサラダ/おつけもの

きょうはクリスマスイブでもあるので、夜は「燭火礼拝」(しょっかれいはい)もありました。
燭火はろうそくの火のこと。ろうそくのあかりだけで、礼拝をまもります。
クリスマスの物語の聖書の箇所を朗読し、クリスマスの歌を聖歌隊が歌ったりみんなで歌ったりします。

礼拝の後、残った人で、お昼の豚汁と、ごはんをおにぎりにしてくださったのをいただきました。
寒い夜に、あたたかい豚汁はほんとうにありがたく、気持ちもからだもあたたかくなりました。

にわか聖歌隊で、近所の病院を訪問し、患者さんや先生、看護師さんの前で、
「あらののはてに」「きよしこのよる」「もろびとこぞりて」を歌わせていただきました。
気持ちはこめたつもりですが、にわか聖歌隊で上手ではないと思うのに、拍手をくださって、
こちらのほうがあたたかい気持ちをいただいた気がしました。

クリスマスは、彼と彼女で出かけたり食事したり、家族でおいしいごはんを食べたり、なにかプレゼントをあげたりもらったり、というのがもっぱらになりましたが、やはり、私には、これがほんとうで、ぴったりの、あたたかなクリスマスです。

|

« きっかり1年、こんどはN903i | トップページ | 白いカレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あたたかな、クリスマス:

« きっかり1年、こんどはN903i | トップページ | 白いカレー »