« 思いはかの地へ | トップページ | ミッフィーきょうかげっかんしゅうりょう »

2006.08.14

ワンデイ・エスケープ

夏のお盆のいっちばん混んでいるときだったのですが、
夏休みにどこにも行かないのもつまらなく、ぎりぎりまで悩んで、えいっ!と‥‥

ハウステンボスに、一人で、しかも日帰りで行ってしまいました‥‥。

12:22発 特急ハウステンボスに乗って、一路ヨーロッパの街並みへ。
しかし仕事のメールを見ながらだったけれど(ああ、切り替えができてないね)‥‥。

で、ハウステンボスへ到着。もーのすごーい蒸し暑い。
しかも予想通りだが、いつもよりかなり混んでいます。
うれしいようなかなしいような。

で、真っ先に、先月オープンしたIFXシアター「Kirara」(キララ)へ。
暑くてたまらないので、さっそく場内のバスでひと駅‥‥。

やっぱりKiraraは大人気。
ほぼ毎時0分、30分から上映が始まりますが、14:30に並んだら、15:30の回でと言われました。1時間待ち。
待っている間に雨が降ってきました。降水確率20%だったのですが‥‥。
でも屋根があるので問題なし。

キララに並ぶ人々
ハウステンボスIFXシアター「Kirara」(キララ) [CM映像] [CMアンケート]

実際の内容は撮影禁止なので撮れませんが、映像と音の迫力あり、
映像のとおり体が空を飛んでいるような感じになることもあり、の、
あっという間の20分でした。
ただし、年間パスポート「モーレンクラブ」に入っていてもこれは対象外(500円)。
Kiraraなど新しい施設のオープンに合わせて新しくできた「1日とくとくパスポート」や「オフィシャルホテルリゾートとくとくパスポート」を持っていれば追加料金なしで入れます。

その後、小雨も残っていたので、またバスで港町(スパーケンブルグ)まで乗り、歩いてパレス ハウステンボスへ。
しかし中には入らず、手前のバラ園(なぜか誰もいなかった! みんな知らないのかなぁ)を歩いて、もと来た道を歩いて戻る。蝉が鳴き、木々の間からまぶしい太陽が差し、暑いんだけどなんか涼しい気分になる。

パレスハウステンボスの参道

続いては、Kiraraで並んでいるときに電話して予約しておいた「カナルカフェ」に。
16:30の出航は、なんと私ひとりだけ。定員12名の船を貸し切りです。
聞くと前の便までは満席だったそうな。私ひとりのために船を出してくださるなんて申し訳ない‥‥。
おとな2000円は高い!と思うかもしれませんが、いえいえそんな。
(ちなみにモーレンクラブ会員は大人2000円が1400円になります)
ハウステンボス内の運河を巡りながら、ちょこっと大村湾に出て、海上からハウステンボスの全景を眺めるのもいいし、運河の途中ではね橋をあげてもらって船が通るときは、歩いてる人を止めて通るから、なんかちょっとえらくなった感じ‥‥の、約30~40分のクルーズ。
それに、この猛暑の中、涼しい船内であなた、なんと
 ・ビール&ナッツのセット
 ・ワイン&チーズとクラッカーのセット
 ・コーヒー&ケーキのセット
から一つ選んで、お茶やお酒を楽しみながら、運河を巡れるのですよ。なんと優雅で素敵なんでしょう。
あまり知られていないせいか、「あの船、何?」という視線で見る人が多いんですよね。
(つい、これみよがしに、ビールやワインを見せびらかしてしまいます‥‥いや、宣伝のためですよ、宣伝。)

カナルカフェで乾杯

貸し切りなのをいいことに、いつもよくしてくださるスタッフの方や、今日は船長さんとまでいろいろお話もできて、ますますファンになりました。
どうかみなさん、ぜひハウステンボスでは「カナルカフェ」楽しんでみてください。

夕方の風景(ホテルヨーロッパ付近)

航海を終えて、小腹をすかせようと、デザイナーズストリートという通りを歩いて、お気に入りの「トラベルマンコレクション」へ。
これ、ハウステンボスのオリジナルブランドなんだけど、「ちゅーりー」のようなかわいらしいキャラクターものはちょっと‥‥という人にもぴったり。
これぜったい、一般に売ってもいけると思う。
トラベルマンは、何と言ってもTシャツの種類の多さが半端じゃない。
今日もまた、気に入ったデザインを2枚求める。
で、レジに行ったら、店員さんが、前に来てくださいましたよね! と言われた。やっぱり覚えられてる‥‥。
ハウステンボス好きな知人と来たとき、わいわい言いながら買いに来たのが、妙にテンション高いお二人、と印象に残ったらしい。ははは。いずれにしろ、覚えてもらえるのはうれしいこと。

お腹もすき(え、おつまみを食べたのに)、知人から聞いた、ステーキレストラン「ロード・レーウ」へ。
ここで気が大きくなってしまい、勧められるままに、前菜を頼んでしまった‥‥。

なんかでもこれ、おいしいぞー。
サーモン、ミズイカ、ホタテ、長崎地鶏のスモークを、お店で作ってるんだって。

自家製スモーク盛り合わせ 近隣玉葱添え
自家製スモーク盛り合わせ 近隣玉葱添え
1500円

で、肝心のステーキですが、いやこれがまた、せっかく来たんだからと、地元長崎の牛肉のやつをお願いしてみました。
ぽん酢&大根おろしと塩だれをお好みでかけていただきます。

特選長崎牛ヒレステーキ 焼き野菜付とライス

特選長崎牛ヒレステーキ 焼き野菜付(写真は150g)
3500円(100gあたり)
ライス
300円

特選長崎牛ヒレステーキ

下に保温用のキャンドル? 燃料? までついた焼き野菜がセット。

焼き野菜

なんか仰々しいですが、ちょっと緊張しながら(でもお店の雰囲気はそんなに緊張しませんよ。緊張するのはお勘定のことを考えたのと、一人で食べていたのは私だけだったので)いただきました。

おいしー。さいきん自分の食事にこんなにお金かけたことないと思う。

‥‥で、

からのお皿

ごちそうさまでした‥‥。あー、おいしかった。

ちなみに、ロード・レーウにはお得なステーキディナーのセットもちゃんとあります。
ご心配なく。

それから、やっぱりハウステンボスに行くと欠かせない、オークションハウス
ランガダイク」。
通常は11時~17時(13時除く)の1時間ごとに開催ですが、お盆シーズンはなんと、18時、19時の回がプラス。
しかも、お客さん満員で立ち見も(ふだんでは考えられない‥‥)。
ハウステンボスのショップで売っているおみやげやグッズが安く買えるし、少しずつ安くなる(でもある程度以上になるとそこでストップ)という“競り下げ式”オークション。

オークションハウス ランガダイク

けっこうしっかりしててデザインがかっこいい「ボー・ベンディクセン」のバスタオル、2100円を1○00円で落札。うちのバスタオルだんだんきたなくなってきたので2枚買い求める。
それから早押しコーナーで、12000円相当の福袋が5000円! 運試しのつもりで押したら1等賞になってしまった‥‥。でこれも購入。中にはオルゴールや大きいぬいぐるみと、ハウステンボスオリジナルのソーセージなどなど。
しかし、これはいつもおもしろい。慣れている人がたくさん集まるとなかなか落札されないし、今回のように初めての人が多いと、慣れてる人にとっては「これくらいまで下がるだろう」と思っても、さっとほかの人が落札してしまう。で慣れてる人がくやしい思いをしたりして。それもまたおもしろいのだ。
いずれにしろ、ショップでは定価でしか買えないのがここだと少なくとも100円以上安くは買えるのだから、買いたいものが決まっている人には超便利、超お得である。

お盆のスペシャルな花火まで少し時間があいたので、泊まりでもないのにどうしよっかなーと思いつつ、ランガダイクからすぐ近くのホテルヨーロッパのバー「シェヘラザード」をのぞいてみる。
いつものバーテンダーさんがいて、何度か行ったことがあるものだから覚えてくれていて「あれ、きょうはお一人ですか?」なんて親しく声をかけてくれる。常連の域ではぜんぜんないのに、これだから嬉しくなる。

すっきりしたカクテルを2杯いただく。私にしては今日は飲み過ぎかも‥‥。

シャンパンベースのカクテル

さあ、スペシャル花火だ!と、お勘定をすませて外へ。ここでも、前回大雨で列車が止まって困ったときに、懸命に情報収集してくれたフロントの女性と出会って挨拶を。たくさんの人が泊まりにくるのに、どうして覚えてるんだろう。なんだかこれも嬉しくなる。

花火はお盆の期間はグレードアップした「世界の花火」。
いつもよりよけいに打ち上げてまーす、という感じで、見ごたえがあった。

世界の花火

最後の一発の音を聞いた瞬間に、出国口(出口)に向かって早歩きし始める。
着いたときはちょっとの距離でも場内バスに乗っていたのにと思うとおかしくなる。
が、大勢の人がいっせいに帰ろうとするので、たぶんバスでは間に合わない。
がんがん出てくる汗をふきながら、なんとか出国口へ。そしてさらに歩いてハウステンボス駅へ。

シーサイドライナーで一駅、そして普通列車で45分、それから特急で40分。なんと2回乗り換え。
こんなところで取り残された困る‥‥と、どきどきしながら乗り換えをこなして、博多に着いたのは夜11時過ぎでした。

汗びっしょりの服を脱ぎ、お風呂にはいって、やっと落ち着きました。
ぼくのワンデイ・エスケープ。
これがリラックスに、リフレッシュに、充電になったかどうかは、よくわからないけど、まあいいとしよう。
どれもちょっとずつなってると思うし。

|

« 思いはかの地へ | トップページ | ミッフィーきょうかげっかんしゅうりょう »

コメント

はじめまして guraと申します
mattariさんの「がいーど」から飛んできました
ハウステンボス大好きのおばちゃんです。

博多からJRで日帰りなんてすごい!
私は一時間圏内に住んでいるので当然日帰りが多いですが(^.^)

カナルカフェはまだ一度しかりようしたことがないのですが
クルーザーとは違うゆったり感がいいですね

ハウステンボス共々よろしくお願いします。

投稿: gura | 2006.08.16 12:02

gura さん、こんにちは!
じつは gura さんのブログ、最近毎日見に行っています!

いつもは泊まりがけなのですが、今回たぶん初めて、
日帰りで(しかも昼から!)行ってしまいました。
やっぱり行ってよかったです。楽しかったですよ。

わたしは逆にクルーザーに乗ったことがまだないんです。
船酔いとかしないかなーと思って。

投稿: てっちゃん | 2006.08.16 22:42

こんにちは。はじめてコメントさせていただきます。
先日は私の方でコメントいただきありがとうございました。
mi○iのコミュニティでの書き込み等を拝見して感心しておりました。

ところで花火の写真からすると、13日ですか?だとするとニアミスでしたね。シェヘラからヴィノ、花火ってコースでしたから・・19時頃まで隣の席で飲んでました。

これからよろしくお願いいたします。

投稿: mattarinonbe | 2006.08.17 22:16

mattarinonbe さんどうもです!
行ったの、14日(月)でした。
家でごろごろしてたんですが、なんかじわじわーじわじわーと
このままお休み終わりだなんて‥‥どっか行きたい‥‥
ハウステンボス行きたい‥‥ってなって、ごろごろしながら
JRの時間調べて、あーまた乗り遅れたーとか思いながら、
もうこれ乗らないとだめ、えいやっ! と起きて家を飛び出したと
いう次第です。
いやー、感心だなんてとんでもない。
ハネムーンで海外にみなさんよく行かれるなか、ハウステンボス
を選んでくださるなんてうれしいじゃないですかー。
せっかくだから、いいところいいサービスいっぱい楽しんでいただき
たくて、ついおせっかいしてしまいました。

投稿: てっちゃん | 2006.08.17 23:41

14日でしたか。花火の写真から13日かと。13日は風があまりなくてオレンジ広場の方にやや吹いている程度で、花火の煙が漂ったままでちょっと見え難い状態で、似ているなァって思ったもので。

帰宅されてから、その日のうちにこれだけの記事をアップされたのですね。私だったら・・・無理だろうなァ。。

投稿: mattarinonbe | 2006.08.17 23:59

楽しい旅になって良かったですね。
それにしても、精力的に回りましたね。
kiraraは私の時(7/23)でも、30分待ちでしたが、その価値ありでした。是非1度は見ておきたいですね。
愛・地球博で見ることができなかった分、楽しめました。
ハウステンボスさんが、これを誘致した理由がよくわかりました。
9月に本国へ行きますが、その前にハウステンボスに帰国するかもしれません。

投稿: さくらかぜ | 2006.08.19 20:39

さくらかぜさん、こんにちは。
このときは、携帯メールでいろいろアドバイスいただきましたので、ひとりでもひとりじゃないような気でした。
そうか、来月にオランダに行かれるのですね。ハウステンボスの建物の元になった建物とかにも行けるんですね。
ランガダイクはないと思うけど^_^

投稿: てっちゃん | 2006.08.20 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワンデイ・エスケープ:

« 思いはかの地へ | トップページ | ミッフィーきょうかげっかんしゅうりょう »