« 暮れてゆく空は | トップページ | 上海蟹って、おいしい? »

2004.10.12

チェルノブイリの子どもたちのカレンダー

チェルノブイリ原発事故で被ばくし、こころやからだにきずを負い、命の危険と闘いながら生きている子どもたちを支える「チェルノブイリ子ども基金」というところが、毎年、カレンダーを作っています。

2005年のカレンダーは「チェルノブイリの子どもたち…希望の灯」。
子ども基金が応援している、サナトリウム「希望21」で保養中の子どもたちが描いた絵を中心にしたカレンダーです。
もう20年近く前の事故なのに、いまも、困難な病気とたたかう子どもたちがいて、その後生まれた子どもにも障害や病気が見られるなど、ほとんど報じられませんが遠い過去のことではないのですね。
カレンダーを買うことで、子どもたちの治療や保養のためになれば、と思います。

私は数年前に日本テレビの「きょうの出来事」だったかな、のレポートでこの活動を知りました。折りにふれて、少しですが募金をおくっています。
ぜひよろしければ、みなさんもお求めになりませんか。

|

« 暮れてゆく空は | トップページ | 上海蟹って、おいしい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェルノブイリの子どもたちのカレンダー:

« 暮れてゆく空は | トップページ | 上海蟹って、おいしい? »